スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.02.22 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    中国人もリンゴを食べ出した。

    0
      中国人もリンゴを食べ出した。

       中国に行った時に必ず立ち寄るところが電脳街。
      ビル丸ごとパソコンから関連部品まで、これでもかというくらいに並んでいる。
      同じ商品を隣の店でも売っているし、良く商売が成り立っているのだが、そこは
      中国で横の連携は取れているし、品切れの時には融通しあっていて秩序が保たれ
      ているのが不思議だ。「こういう商品が欲しいんだけど」なんて言うとそれはあ
      そこの店においてあるからと、連れて行ってくれたりと、客のニーズは自分達の
      仲間内から取りこぼさないという商魂逞しいさまを体験出来たりする。これもお
      互いの貸し借りが存在するだろうし、自分のところにない商品だと電話をかけて
      持って来るよう指示をだし「こちらには直ぐに持って来るからちょっと待ってて
      ね。」と一度捕まえた客は離さない哲学というかしつこさがある。
      直ぐではなくしばらくすると、ビニールの袋にこちらの希望の商品を何種類か入
      れてお兄さんが持って来る。ちゃんと伝票の受け渡しをしているので、取引にな
      っているようだ。ここからが値段交渉になるわけだが、たかだか日本円にすると
      何百円の商品をああでもない、こうでもない、そしたら2個買うからとかいって
      大げさにいうと「そんなに安くすると、人生の絶望だ」というようなやり取りを
      しながら買うのであるが、その時間計算をすれば、すんなり買ってしまう方が結
      局は安いのだが、これも楽しみの一つである。


       





      2年半前に行った時にはアップルの商品と言うのは音楽プレーヤーのiPodの偽物
      が主流でノートパソコンのカバーがあるくらいだったが、時代は変わったようだ。
      上海には正規のアップルストアが何件あるのかは知らないが、電脳街では正規店
      風の店舗も多数あり、本物かどうかはわからないがアップル製品が本物風も含め
      て数多く売られている。なんと言ってもiPhoneの人気がアップル製品の人気をひ
      っぱっているようで、本物のiPhoneを持つことがステータスのようにみえる。
      普段アップルを使っているので、この光景は嬉しくなる。中国の場合、この商品
      が売れるとなると、あっという間にその関連のお店が増える。実に流行に敏感だ。

      iPad商標権問題でアップル社が唯冠グループに敗訴した時には、日本から中国に
      iPadを持ち込む時に空港で没収されるとか、そんな噂がまことしやかにささやか
      れていて、中国出張の時のことも考えて MacBook Pro にした方が良いのかなぁー
      なんて思っていたのだが、上海南京路の巨大アップルストアに行ったときなんかは
      iPadのまま売っていたし、黒山の人だかりの凄い人気で、商標権問題ってあるの?
      という感じであった。iPhoneや正規品のアップル製品を安心して購入出来るお店は
      正規アップルストアしかないし、中国人の皆さんもどうせなら正規品を買えるのは
      ここだけと理解しているので、ここが商売繁盛するのである。
      中国人の皆さんが商品を購入する場合、実際に自分で確実に動くことを確認し、そ
      の場で梱包してもらって持って帰る。奥に持って行かれて、梱包されると別の商品
      に差し替えられることを防ぐ理由だが、これくらい用心深くて相手を信用していな
      い。アップルストアだとこの辺の心配は無用というわけだ。

      昔ならウインドウズマシン一辺倒だったものが、おそらくiPhoneの出現でリンゴに
      手を出し始めたのだと思う。アンドロイドスマートフォンだと他の人と差別化が出来
      ないし富裕層にとってMacを持つことは格好の自己主張のツールなんだろう。

      僕の持つ中国携帯はフィリップスの携帯電話だが、2年半も使用してなかったので
      電話番号自体が消滅していて、中国移動で新しい電話番号を買った。以前の番号は
      中国国内から海外にかけることの出来る登録をしていたので便利だった。その手続
      きは保証人とかの問題で大変だし中国国内専用の番号にした。そのとき店内を見回して
      いたが、普通携帯は全く置いてなくすべてスマートフォンだった。中にはiPhoneに
      そっくりなものもあったし、200から300元のことだし買い替えようと思ったけど
      出張時だけでそんなに使わないし、このままの携帯電話でいいかと使っている。
      日本で使わなくなった、iPhone3Gなど中国では高値で売れるし、何せ本物の強みを
      発揮出来る。僕も今度行く時には中古のiPhoneを仕入れて現地で SIM Free 化して
      もらって使おうかと考えている。それを中国で使えばセレブの仲間入りかな?






      スポンサーサイト

      0
        • 2019.02.22 Friday
        • -
        • 17:19
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM