スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.02.22 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    第46回光文堂新春機材展 出展記

    0
      2010年1月22日(金)23日(土)名古屋市吹上ホールでおこなわれた
      第46回新春機材展に出展した。
      この展示会に出展したのは2007年が最初で今年が4回目である。
      最初の年はまだ3D動画を始めてなかったので、
      3Dパースをスライドショウで展示していた。
      3D動画を展示し出したのは2回目の2008年からで、
      彦根城の前のバージョンとマンションを長机に置いた2台のモニターで映していた。
      普段会社で使用している液晶モニターを2台持っていた。
      今とは比べものにならないくらい簡単なものであった。
      展示会に出展して3D動画を受注するという雰囲気ではなく
      ただただ展示会に出ているというだけだったような気がする。



      私どもの展示は前回の中小企業総合展と殆ど一緒で変化はないのだが





      主催者である印刷機材総合商社の光文堂さんは変化したと思う。
      それは何かと言うと、デジタルサイネージの展示スペースを大きくとられていることだ。
      印刷業も紙媒体だけではなく、デジタルサイネージにシフトしていきましょう
      と宣言されたと理解している。
      まだまだ紙媒体から脱却出来ない印刷会社が多い中で
      この宣言をする事は勇気のいることだと思っている。
      紙媒体以外の事を言うと極端に気分を害される印刷会社が多いからだ。

      3MのVikuiti リアプロフィルムを使用したバーチャルマネキンも登場して
      注目を集めていた。





      光文堂さんは3Mの代理店だそうで、このバーチャルマネキンもお借りされているようだ。
      昨年のCEATEC2009で3Mのブースで見たものと同じものだ。





      卓上型もあった。



      アナログの世界では段ボールの等身大の型抜きパネルだが
      これの費用はともかく、効果ってどれくらいあるのだろうか?
      お気に入りの女優さんなら部屋に置いておいてもいいのだが。

      この光文堂の新春機材展では私どものバーチャルマネキンは間に合わなかったが
      2月3日から開催される「PAGE2010」(池袋サンシャインシティコンベンションセンター)
      には間に合わせるように、現在制作中だ。
      人物は実写ではなく3DCGで私どもの特徴を出そうと考えている。



      田中印刷所のイメージキャラクターの誕生だがまだ、名前を決めていない。
      さてどうしよう?







      スポンサーサイト

      0
        • 2019.02.22 Friday
        • -
        • 21:52
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM