スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.09.26 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    韓国タイヤメーカーの3D動画。

    0
      実は私の車にもHANKOOK TIRESを履いている。
      レーシングドライバーほどシビアではないのでタイヤの違いがわからない。
      だから、ブリジストンがいいのかハンコックがいいのかわからない。
      そもそもタイヤの限界まで使用した走りをしているかと言えば
      そんなことはなく、いたってエコ運転である。
      自動車の一部分であるタイヤは、自動車との相関関係もあるだろうし、
      評価するのは難しい。

      3D動画の特徴はわかりやすく説明すると言うのがウリで
      機能性の説明かと思いきや、イメージ戦略で3D動画を使っている。
      どちらにしろ、この映像を実写でと言うのは無理だし、
      3D動画を使わざるをえないのだが。


      単純なねじの3D動画だけども。

      0
        ねじについては殆どの人がどのようなものか知っている。
        それでも、これをいざビデオで撮影するとなると
        とてもこの3D動画のようには撮影できない。
        こんな単純なものだけどむつかしい。
        このような映像はねじメーカーさんが
        展示会ブースで、ここのブースはねじを扱ってますよ。
        というイメージ映像で前を通る人を立ち止まらせる
        効果が期待できると思う。





        カットモデルと3D動画

        0
          自動車のオートマチック変速機の内部構造。
          一般の人がこの変速機の構造を理解して、私にはこの変速機がぴったり。
          と言う感じで、自動車を選択するとは思わないが、
          変速機メーカーが自動車メーカーにプレゼンテーションする時には
          有効だろう。
          外から内部を見ることができない、動きが見えない製品などの
          プレゼンテーションには最適だ。
          以前はカットモデルを製作していたのだが、その製作費と
          3D動画の制作費と比べればどちらが高いのだろうか?






          自転車のハブの3D動画。

          0
            自転車のハブの3D動画。
            外から見ていたのでは内部の構造がわからないもので
            そこを説明、解説すれば他社との差別化になり
            販売促進効果がうまれれば、費用対効果が見込める。
            自転車の変速機ってこんな理屈だったんだ。







            Bugatti Veyron16気筒ピストン3D動画

            0
              Bugatti Veyronのエンジンって16気筒だったんだ。
              モノクロのイメージも奇麗だし、
              3D動画特有の説明優先でもないので、
              こんなのもいいなぁーと思い掲載した。
              Autodesk Inventorで制作している作品。



              Lotus Sevenの作り方

              0
                Lotusという車メーカーと言うべきか、コーチビルダーと言うべきか
                F1でジムクラーク(フライング・スコット)が運転していたときから
                Lotusと言う言葉の響きは、私の頭の中から消えた事はない。
                トヨタのコマーシャルコピーに「いつかはクラウン」と言うのがあった
                と記憶しているが私の場合「いつかはLotus」だ。

                Lotus Sevenマニアと呼ばれる人が作った作品なのかもしれないが
                対象物が同じでも、違った観点から作られている事がわかる。
                どちらがいいか?と問われても答えようがない。

                3D動画として質感の表現方法は前者の方だが、
                何を求めるかによって、そう重要にならない事もあるから。





                Lotusいいなぁー。

                工具でも3D動画。

                0
                  最近掲載している3D動画のクオリティが悪いと
                  おしかりの言葉をいただいた。
                  クオリティが高くないと感動もしないし、見ていてもつまらない。
                  それは充分理解しているのだが、そうは簡単に見つからないのが
                  現状である。お許しいただきたい。
                  3D動画・Web3Dの特徴をいかした映像で、
                  商品なり、システムなり、そこにある
                  問題解決が出来ればと考えている。
                  出来るだけいろんな企業なり商品の問題解決にふさわしい
                  3D動画・Web3Dの映像があれば、それを参考にして
                  導入していただいて、販売促進に役立てていただきたい。

                  一つの工具の見せかたにもこのようなものがある。


                  工場と機械設備等を丸ごと3D動画。

                  0
                    工場と機械設備等を丸ごと3D動画にした映像。
                    老朽化した工場もこのやり方で、奇麗に見せることができる。
                    工場案内を実撮影したプローモーションビデオがあるが、
                    その内、色々な要素で3D動画に変わっていくだろうと予想できる。
                    3D動画のリアルさとすれば良くないが、
                    工場とそこにある機械の見せかたとしては参考に出来る。
                    工場案内を映像でしたいと考えている方にとってはいいサンプル。
                    機械も古いし、工場も暗くてとても見せられたものじゃないけど、
                    自社の概要を見せるとか、設計から生産まで一貫して行っていること
                    をアピールしなければいけないケースには、実撮影よりも
                    いいはずだ。
                    展示会での紹介3D動画としても使用できるツールである。




                    私のところではもう少し、リアルにできる。

                    サンプル等は下記アドレスで閲覧可能
                    http://www.tanakaprint.co.jp


                    バルブに泡は禁物

                    0
                      私の住んでいる彦根の地場産業にバルブ製造がある。
                      他にも仏壇、ブラジャー等の下着縫製業だが、城下町の
                      産業構造から派生したものらしい。

                      バルブ生産工場から3D動画・Web3Dの受注をしているが、
                      バルブの内部をどのように水が流れるかという映像を作成した
                      事がある。最初はあまり打ち合わせをしないで作成したものだから
                      見事に失敗した。
                      水を表現するのが難しく、泡で水だという事を表現したのだが、
                      バルブから泡が発生する事は、そのバルブの性能が悪いという事
                      と同じようで、泡なしで水の流れを表現する事になった。
                      制作する商品の業界常識も勉強しなければいけないし、
                      新しい仕事が舞い込むたびに、「大人の科学」よろしく
                      知識が豊富になる。
                      でもまた、忘れていっているものも多くなるようである。

                      バタフライバルブの3D動画があったので見ていたら
                      上記のような事を思い出した。



                      Delonghi Coffee Machineの3D動画

                      0
                        コーヒーメーカーのプロモーション3D動画
                        3Dで制作しにくい部分は、実撮影されていて、
                        3D部分と違和感なく制作されている。
                        制作費の事を考えると、上手な選択である。
                        これに掃除方法とかを制作するとメンテナンスマニュアルになる。
                        紙のマニュアルからドンドンこの手の方式になっていくと思う。




                        | 1/2PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        25262728   
                        << February 2018 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM