スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.02.22 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー」出展記

    0

      ギフト・ショーは東京ビックサイトで開催されたのですが、今回お世話になり
      ました彦根商工会議所小間は西館でございました。今まで何回もビックサイト
      の展示会に出展させていただいておりますが、すべて東館でありましたので、
      どちらかというとメイン会場は東館というイメージもあって、西館で大丈夫か
      な?が素直な気持ちでした。

       


      彦根商工会議所さんの販路開拓プロジェクト2018に応募して格安の出展料で参
      加させていただいておりますので、どうのこうの言える立場ではないのですが
      4日間を通して、来場者は少なかったと思っています。
      それでも、このメルマガ見てくださった方が多数来てくださいまして、心から
      感謝申し上げる次第です。

       


      今回の目玉商品であります、会話ができるバーチャルマネキンでありましたが
      初日から2日間会話をうまくしてくれなくて、AIを担当していただいているメ
      タバーズさんが京都から来てくださって、半日かけて修復してくださいました。
      考えられる原因は展示会場の想定外の騒音でした。テストは静かな事務所で行っ
      ておりましたし、前日準備の段階ではスムーズな会話ができていたのですが、
      いざ展示会がはじまって、各ブースからいろんな音がでますし、たくさんの来
      場者の声もそこら中から入って来たようで、マイクロコンピューターが「会話
      は一人だけにしてください。」と悲鳴をあげていたようでした。

       

      AI版バーチャルアシスタント「モモ」の会話テスト映像

      https://youtu.be/8sh1By2nVB8


      マイクが会議用の全方位集音タイプであったことも影響して、いろんな音を拾っ
      ていたこともあって、それを外しWebカメラのマイクを使用していくことで、
      指向性の問題も改善し、プログラム上で言葉の認識率に検討を加えて、何とか
      2日目の展示終了時には不完全ながら会話になっておりました。
      会社の電話だけが置いてある受付システムにとってかわる機器として開発して
      おりましたので、展示会場の騒音には対応できなかったのでありました。
      3月の「JAPAN SHOP 2019」にも出展予定ですので、AI機能構成機器も再検
      討して再チャレンジしたいと考えております。
      展示会等では何が起こるかわからないですし、準備と使用機器の予備等は荷物が
      増えても持参しておくべきと反省しております。USBマイクを購入したいと思っ
      ても秋葉原まで行く時間もないですので、気をつけたいものです。

       

       

      女性の心をつかむべくして誕生した、イケメンモデル「ジョージ(George)」
      ですが、前日準備の時に来場者の導線を読み違えて、人通りの少ない方に設置し
      てしまって、女性の反応を見ることができませんでした。次の機会を待ちたいで
      すね。

       

      インバウンドのお客様にも威力を発揮する言語切替ボタン(オプション)

       

       

      大きなミッションでもありました
      ====================================
      キュービックスクリーンmini人型
        筐体価格 98,000円(税別)(送料別)
        ベーシックコンテンツ価格 モモタイプ(1分) 100,000円(税別)
      ====================================
      予約受付 2月12日(火)より2月28日(木)まで
      納品予定 5月末から6月初旬

       

      2月28日まではもう少しありますし、今まで価格がネックになっていて、欲しかっ

      たんだけど、あきらめておられたお客様は、この機会に是非ご予約をお願いします。
       

       

      https://www.tanakaprint.co.jp/

       

       


      AIを搭載し会話ができるバーチャルアシスタントをギフトショウにて出品。

      0

         

        2月12日(火)から15日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催されます
        株式会社ビジネスガイド社主催 「第87回東京インターナショナル・ギフト・シ
        ョー」の彦根商工会議所小間に出展させていただきます。
         ブースナンバー 「西2−T18−21」
        私は4日間ブースに詰めておりますので、お気軽にお声がけ下さい。

         


        今回もバーチャルマネキンEZRとキュービックスクリーンmini を中心に展示致
        しますが、新規にAIを搭載し展示会場限定版の会話ができるバーチャルアシスタ
        ントを初リリースします。

        チャットボット・AIスマートスピーカーを開発されている株式会社メタバーズ様
        https://www.metabirds.com/

        と会話ができる「バーチャルマネキン」を開発しました。メタバーズ様をご紹介
        くださいましたのは中小企業基盤整備機構 近畿本部様で、両社の特徴をよくご
        理解くださってのマッチングとなりました。

        バーチャルマネキンの3D映像は、まるで人がそこにいるようにリアルで、特に集
        客での力を発揮します。そして、その特徴と会話機能が備わったことで、さらに
        用途が広がりました。
        会社の受付嬢として、またはお店での対応、はたまた説明会、エントランスでの
        案内、展示会での接客、外国語での案内等、さまざまな場で活躍できます。24時
        間365日働くことができますので、働き方改革への一助にもなります。

         

        (透明のプラスチックケースが超小型コンピュータ

        円形の黒い物体がUSBマイクスピーカ、その下がWebカメラ)

         

        展示会場では超小型コンピューターで処理をする展示会場限定版会話のオフライ

        ン版になりますが、本運用はクラウド版で音声認識、音声合成、キャラクター画

        像対応を進めてまいります。

        今までは、一方的にアナウンスすることしかできなかったバーチャルマネキンか
        ら、限定的ではありますが会話機能を搭載しバーチャルアシスタントと進化した
        「モモ」をご覧ください。お待ちしております。

         

        https://www.tanakaprint.co.jp/


        「しがちゅうしんビジネスマッチングフェア商売繁盛創設所2018」に出展します。

        0

          =====================================
          「しがちゅうしんビジネスマッチングフェア商売繁盛創設所2018」に出展します。 
          =====================================

          新商品その1とその2の発表の場として、地元「彦根ビューホテル」で開催されます
          「しがちゅうしんビジネスマッチングフェア商売繁盛創設所2018」に出展します。

          https://shigachushin-shoubayhanjyou.jp/

          開催日時 2018年9月6日(木)10時〜17時・7日(金)10時〜16時
          主催    滋賀中央信用金庫
          開催会場    彦根ビューホテル
          〒522-0002 滋賀県彦根市松原町網代口1435-91 電話 0749‐26‐1111
          彦根駅から無料送迎バスが運行されています。

          出展商品

          1. バーチャルマネキンEZR (言語選択ボタン付き)
          2. バーチャルマネキン卓上型(新商品)
          3. キュービックスクリーンmini (人型)
          4. バーチャルマネキンmini mini (新商品)
          5. 3DホログラムLEDファン (参考出品)

          を予定しております。

          今回新商品を2機種出展させていただきますので、お時間許す限りお越しいただけれ
          ばと思います。

           

           


          有限会社 田中印刷所

          https://www.tanakaprint.co.jp/


          JAPAN SHOP 2018の出展報告

          0

             

            ====================================
                     JAPAN SHOP 2018の出展報告
            ====================================
            3月6日(火)から9日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催されました
            「JAPAN SHOP 2018」の様子を弊社ブースを中心に出展報告をさせていただき
            ます。
             

             

            弊社が何故、この「JAPAN SHOP」という展示会に出展するのかということですが
            過去4回程度出展する中で、バーチャルマネキンやキュービックスクリーンという
            デジタルサイネージ分野でもちょっと特殊なメディアを探しておられるお客様が多
            く、しかも決裁権をお持ちの方が多いということで、今まで出展のするたびに何社
            かのお客様を獲得していることが、大きな要因です。「JAPAN SHOP」目当ての
            お客様というよりは「リテールテック」という流通業向けの展示会が隣でいつも
            開催されているので、本来はそれを観に来られる方が、ついでに「JAPAN SHOP」
            も観ていこうという感じではないかと思っております。実際弊社のブースが賑わう
            のは午後からですし「リテールテック」を午前中見学してから会社に戻るのは早い
            し、こちらに流れて来られるようです。配布されている企業名入りのバックをお持
            ちですので良くわかります。

             

             

             

            それでは「リテールテック」に出展すればいいのでは?とお思いになられる方が
            いらっしゃるのではないかと思いますが、弊社は中小企業基盤整備機構「NIPPON 
            MONO ICHI」小間の中に出展させていただいております。主催の日本経済新聞社
            「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」の出展料はかなり高額ですし、弊社の
            ような力のない企業にとって1小間のブース代を捻出するのも大変なのですが、中
            小機構様の「地域新商品・新サービス開発支援」というプログラムで採択していた
            だき、その支援の販路開拓として「JAPAN SHOP」の「NIPPON MONO ICHI」
            小間に出展させていただいております。出展料は格安ですし、専門家のVMDチェック
            を事前と会期中にも受けられる点も、ありがたいところです。
            そんな訳で「JAPAN SHOP」出展は必須となっているという理由です。

             

             

             

            昨年と変わったところ
            ●小間サイズが幅2m☓奥行2mから幅3m☓奥行2mと横に1mに拡大。
            ●リコー様用のクラウド配信システムコーナーを設置し、4日間担当者が常駐。

             

             

            ●弊社の説明員が私1人から、2名体制(これで食事にも行けるようになりました。)

             

             

            ●言語対応システムのボタンが3個から6個に増加したシステム。

             

             

            ●3d holographic LED fan の設置(参考出品)

            リテールテックにも何箇所のブースに設置されていました。

             

             

             

             

            ●出展のコンセプトを表示。

             目にとまる 足をとめる 事が起こる

             

            ●質問の多かったコンテンツ関係をわかりやすく表示。

             

             

            今回の展示会では3人体制をとっておりましたので、空いた時間に他のブースも見学
            しておりました。リテールテックではアマゾンGoに続けとばかりに無人レジを発表
            している大手メーカーが多かったのが印象的でしたし、すぐに実用化されていくんだ
            ろうと思います。セルフレジが浸透しない間に、新しいシステムに移行しそうな感が
            ありました。

            もう一つは、無人レジに必要アイテムですが、顔認証システムの精度がかなり上がっ
            たように思います。NECさんを筆頭にいろんなメーカーが多かったのですが、この顔
            認証システムとバーチャルマネキンを組み合わせることで、今までのサイネージとし
            ての役割から、前を通過するお客様の情報を集積するマーケティングの役割も持てそ
            うだと思ったことです。あるブースで私の年齢を55歳と判断して、9歳若く観られた
            のは嬉しいですが、しかめっ面をしていたので「悲しそう」という表示もあり性別判
            断で、その人にそのデータ内での最適な動画を出すことで、効果的な販促ができそう
            だと感じました。弊社のモモが私を判断して「おじさん、元気出して頑張ってね。」
            と言ってくれる日も近いかな?
             

            動画はこちらからご覧ください。

            https://youtu.be/raK5cqZ9S-c

             

            http://www.tanakaprint.co.jp/


            ゴリSUN AR が誕生しました。

            0

              AR(Augmented Reality)の田中印刷所プロモーション用としてT-CharaARがアッ
              プルストアとグーグルプレイに掲載されたのが2013年9月。それからNAKAZAWA_

              AR ざ-バルブマンARを2014年10月にリリースしてそれから約3年たって、ようやく

              4作目のゴリSUN_ARをリリースさせていただきました。

               

              ご存じの方も多いとは存じますが、使用しておりましたARを動かすエンジンは独
              のMetaio社のものを使用しておりましたが、Metaio社は2015年6月にAppleに買収
              されアプリが2015年12月以降更新等は出来なくなってしまいました。

               

              その間iOSやAndroidがバージョンアップするたびに、いつまで不具合なく動くかを
              いつもビクビクしながら見ておったのですが、ゴリSUN_ARを制作し、T-Chara
              ARアプリの中に入れるには、エンジンを載せ換えなくてはなりませんので、これを
              気に以前の3タイプも新しいエンジン対応処理をして、この程アップル、グーグルに
              バージョン1.4として再申請させていただき、リリースとなりました。

               

              ちなみにエンジンはサイバネットシステム株式会社様製を使用しています。
              http://www.cybernet.co.jp/ar-vr/
               

              ARは以前ポケモンGoに使用されておりましたので、認知度はアップしましたが、な
              かなか導入までには至りませんでした。最近ではAR/VRとして注目を集めています。
              以前、3Dメガネをかけて立体映像を見ようという動きがありましたが、3Dメガネを
              かけるということが障害になって普及しなかったようにAR/VRをエンターテイメント
              的に楽しもうと思うとオーバヘッドディスプレイというゴーグルのようなものをかぶ
              って見なければいけないので、何となく3Dメガネと同じ運命をたどるような気がして
              います。(私はこれを付けて動画映像を見ると、酔ってしまいます。)
              普及という意味では裸眼で装置は何も無しで立体的に中空に映像が浮かび上がるシス
              テムが理想なんだろうと思っています。究極はホログラムなんでしょうね。

               

               

              ゴリSUNは太陽光追尾式架台システムの公式キャラクターです。
              http://www.hongou-i.jp/index.html
               

              すでにバージョン 1.3のアプリをお持ちの皆様は更新をお願い致します。
              もし面白そうだから、アプリをダウンロードしてみようとお思いの皆様は下記サイト
              からダウンロードをお願いします。
              このARアプリはオフライン版でアプリをダウンロードしてしまえば、その後通信回線
              が繋がってない場所でも、マーカーさえあればご利用していただけます。
              この利点は、すぐにキャラクターが飛び出しますので、見ていただく方をイライラさせ
              ないことですが、アプリのボリュームが85.7  MBありますので、最初のダウンロード
              に時間がかかります。
              更新やインストールは、できるだけWi‑Fi環境をお薦め致します。

              App Store の iOS アプリ
              https://itunes.apple.com/jp/app/t-charaar/id712047738?mt=8
              バージョン 1.4 の新機能
              iOS10、に対応しました。
              また、新しいキャラクターが増えました。4種類のARをお楽しみいただけます。
              サイズ : 85.7 MB

              Google Play の Android アプリ
              https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.tanakaprint.TCharaAR&hl=ja

              T-CharaAR 3種類のマーカーダウンロード先
              http://www.tanakaprint.co.jp/looking/t-chara-ar-ヘルプページ/

               

              動画はこちらからご覧ください。

              https://youtu.be/CdEtGfFPL5k

               

              有限会社 田中印刷所

              http://www.tanakaprint.co.jp/


              JAPAN SHOP に来たくても、来られなかった人のための出展報告

              0

                3月7日(火)から10日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催されまし
                た「JAPAN SHOP 2017」に行きたかったんだけど行けなかった方に出展報告を
                させていただきます。

                 

                中小企業基盤整備機構「NIPPON MONO ICHI」小間は2m☓2m と通常小間より一
                回り小さかったのですが角地をいただきましたので、バーチャルマネキンEZR2台
                キュービックスクリーンmini2台を展示することができました。ブース装飾で工
                夫したことは角地だったので、奥のスペースをバックヤードにするようにして、基
                礎ブースがドイツ製のオクタノルムシステムで制作されていることもあり、一番奥
                から1mのところに立つポールに直径1,980侏僂裡劵咫璽爐鮗萇佞韻董△修海龍
                面にそってファブリックを貼るように考えました。直角三角形のように真っ直ぐな
                ビームでも良かったのですが、バーチャルマネキンEZRの搬送用ケースが入らなく
                なり膨らみを持たせるためにRビームにいたしました。おかげですっかり忘れてし
                まっていた円周の計算方法をネットで調べてファブリックの幅を計算いたしました。
                円周の公式は円周=直径×円周率ですので、1,980☓3.14÷4=1,554mmですね。
                これを防炎ファブリックでインクジェット出力していただきました。
                今回新たにブース装飾として制作しましたのはこれのみですが、かなりいつもとは
                雰囲気も違ったようにみえます。

                 

                 

                 

                バーチャルマネキンEZR2台は両方共言語切替システムを持ち込んでおります。1台
                はアナログボタンタイプともう1台は液晶タッチパネルタイプです。両方それぞれに
                特徴があって、アナログボタンタイプは説明をしなくてもボタンであれば人はペコ
                ちゃんの頭を叩くようにタッチするのが利点です。このボタンからの信号をノート
                パソコンに経由して動画の切替を行います。通常は日本語バージョンで動いている
                のですが、English ボタンを押しますと英語バージョンのマネキンが動くのです
                が展示会場では別に説明を聴くわけではないですから、次々へと違うボタンを押さ
                れるのですが、プログラム上は「ちゃんと説明を最後まで聴きなさい」ということ
                で、説明が終わるまでボタンを押しても変わらないようになっています。まぁー
                展示会ではこのプログラムを無視して、すぐに変わるようにしておくほうが、良い
                ように思っています。ノートパソコンを使用しますので人感センサーを取付けて、
                人が前に立たれたときから動画をスタートすることも可能です。

                 

                 

                 

                次に液晶タッチパネルタイプですが、これはリコーサイネージチーム様の試作品で
                す。アナログボタンタイプのコンテンツを試作機用にお渡ししておりましたので、
                言語切替のコンテンツは両機種とも同じなのですが、10インチタブレットを付け
                たほうが、明らかにかっこいいんですね。それにこの機種にはクラウド動画配信シ
                ステムを搭載して、この装置からコンテンツを液晶タブレットとプロジェクターと
                いう2画面設定にして見ていただくかたちになります。ただこれにも欠点がありま
                して展示会場のような天井の高い場所だとわからないのですが、液晶タブレットと
                同じ画面をプロジェクターにも送っておりますので、バーチャルマネキンでは人型
                にマスクされる部分以外にも映像は投影されてますので、部屋の中なんかですと、
                天井に選択ボタンが映っている状況になります。これはプロジェクターから投影さ
                れる口に遮光板を取付けて、とりあえず対応したいと考えております。これからの
                デジタルサイネージ事情を考えますとクラウド配信システムが付加できるこちらの
                システムになって行くのかなぁーと考えております。
                 

                 

                 

                 

                今はまだ出来ていないのですが、クラウド配信システムの装置に人感センサーや赤
                外線センサーも付加されれば最強のデジタルサイネージ配信システムになると感じ
                ております。
                 

                まだキュービックスクリーンmini のことがあるのですが、これを書きますと話が
                長くなりますので、またの機会にということで、この辺でお開きにさせていただき
                ます。ありがとうございました。
                 


                動画はこちらから

                https://youtu.be/D55_UAkLge4

                 

                有限会社田中印刷所

                http://www.tanakaprint.co.jp/


                Virtual Mannequin と Cubic Screen mini のカタログが新しくなりました。

                0

                  3月7日(火)から10日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催されます

                  日本経済新聞社主催 第46回店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2017」に何とか

                  間に合いました。

                  会場ではA4サイズの紙カタログでお渡しいたします。

                   

                   

                  Virtual MannequinEZR

                   

                  Cubic Screen mini

                   

                   

                   

                  http://www.tanakaprint.co.jp/

                   

                   


                  「JAPAN SHOP 2017」に出展します。

                  0

                    3月7日(火)から10日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催されます

                    日本経済新聞社主催 第46回店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2017」の中小企

                    業基盤整備機構「NIPPON MONO ICHI」小間に出展させていただきます。

                     

                     

                    今回はスタイリッシュに、よりコンパクトになったバーチャルマネキンEZRと

                    キュービックスクリーンmini を中心に展示致します。

                    このラインナップだと従来の展示と変わらないとお思いかもしれませんが、今回

                    人型リア投影スクリーンを改善し、黒い映像はより黒く、白い部分はより白く再

                    現出来るようにフレネルレンズを追加した点です。従来の人型リア投影スクリーン

                    ですと明るい室内ですと映像が白っちゃけて観える欠点を、リコー社製超短焦点

                    プロジェクターの急角度で投影される光角度に合わせたフレネルレンズで受ける

                    ことで可能になりました。窓にブラインドが設置されていますが、ブラインドの

                    角度を変化させて調光するような原理だと思っていただければと思いますが、ス

                    クリーンに貼り付ける糊の問題等をクリアして、ようやく観ていただけるように

                    なりました。時間はかかっておりますが、地道な努力を続けております。

                    「明るい室内ではまだまだだね」と思っておられたお客様には是非ご覧いただき

                    ますよう、よろしくお願いします。

                     

                    左側がフレネルレンズを貼った人型リア投影スクリーンです。

                    画像がクリアですね。

                    左側がフレネルレンズを貼った人型リア投影スクリーンです。

                    画像がクリアですね。

                    左側半分がフレネルレンズを貼っています。黒が良くしまっています。

                     

                     

                     

                    会期 2017年3月7日(火)〜10日(金)
                    午前10時〜午後5時(最終日のみ午後4時30分終了)

                    会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東4・5ホール(東京都江東区有明3-10-1)

                    主催 日本経済新聞社

                    出展分野
                    商空間デザイン・ディスプレー
                    店舗用装飾材
                    店舗用インテリア素材・製品
                    店舗什器・設備
                    店舗照明器具・システム
                    サイン・看板
                    グラフィックス製作機器・各種資材
                    店頭POP・SP(販促・広告)ツール、インストア・マーケティングツール
                    AV機器・システム
                    関連情報・出版・コンサルティング
                    店舗ホスピタリティー関連(ファサード/お子様連れの支援・育児環境/香りなど感覚環境ほか)

                    同時開催

                    【東ホール】
                    建築・建材展/リテールテックJAPAN/SECURITY SHOW

                    【西ホール】
                    ライティング・フェア
                    特別企画 [3月8日(水)〜10日(金)] 最新-空間演出EXPO、グッドデザイン biz EXPO、

                    ヘルスケア&スポーツ 街づくりEXPO

                     

                    展示会が入場無料になる事前登録は

                    https://messe.nikkei.co.jp/register/form/JS/ja

                     

                    有限会社田中印刷所

                    http://www.tanakaprint.co.jp/

                     

                     

                     


                    「商業高校フードグランプリ 2016」で感動したこと

                    0

                      ====================================
                                 商業高校フードグランプリ 2016
                      ====================================
                      7月27日(水)28日(木)の2日間インテックス大阪で開催された「「伊藤忠食品
                      様展示会 2016 FOOD WAVE NEXT CHALLENGE 」の中小機構様ゾーン「NIPPON 
                      MONO ICHI」のブースに出展していたのですが、同時開催で「商業高校フードグ
                      ランプリ2016」が開催されていました。伊藤忠食品様の説明文ですが

                      ■商業高校フードグランプリとは
                       平成25年度より商業高校(商業科を有する高校)では、新学習指導要領のひとつ
                      に「商品開発」が導入されました。当科目は、商品の開発だけではなく流通に必要
                      な知識や技術を体験的に習得することが求められています。食品の中間流通業を営
                      む当社は、本業を活かしたCSR(企業の社会的責任)の一環として、人材育成の観
                      点から、商業高校の教育支援を行っています。
                       「商業高校フードグランプリ」は、出品を通じて継続的に流通・販売可能な商品の
                      条件や課題を学ぶことで、商品の改良や次の商品開発に活かしていただくこと、地
                      域食文化の活性化に寄与することを趣旨として平成25年より開催しています。
                       当社は、未来を担う高校生への教育を継続的に支援するとともに、地域活性化につ
                      ながる商品の販売を推進してまいります。 

                       

                       

                       

                      https://www.itochu-shokuhin.com/cms/uploads/2016/06/%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%89%E5%95%86%E6%A5%AD%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA2016%E5%87%BA%E5%A0%B4%E6%A0%A1%E6%B1%BA%E5%AE%9A%EF%BC%81.pdf

                       

                      ■本選出場校 は
                      A 青森県立八戸商業高等学校(青森県) 「イカしたサバそふとふりかけ」
                      B 福島県立郡山商業高等学校(福島県) 「郡商カレー」
                      C 静岡県立熱海高等学校(静岡県) 「泉ちゃんゼリー」
                      D 愛知県立愛知商業高等学校(愛知県) 「ゆめ咲くはちみつ甘酒」
                      E 岡山県立岡山東商業高等学校(岡山県) 「岡山県産桃太郎トマト焼肉のたれ」
                      F 学校法人片山学園倉敷翠松高等学校(岡山県) 「飲むジュレ岡山清水白桃」
                      G 高知県立山田高等学校(高知県) 「高校三年生の山田まん」
                      H 長崎県立壱岐商業高等学校(長崎県) 「アッパレカレー」
                      I 鹿児島県立串良商業高等学校(鹿児島県) 「だっき商ドレッシング」
                      J 鹿児島県立奄美高等学校(鹿児島県) 「Sweetness High School」 
                      の10高校で、各ブースを構えて初日から一生懸命試食をしてもらい商品のPRをしていま
                      した。

                      自社の説明が途切れたときに、10校のブースを廻ったのですが、ちょっと感動してしま
                      いました。何が感動したかと言いますと「一生懸命にPRする姿」でした。普段展示会で
                      は説明要員としてPROの方がおられるのですが、そこでは商品の説明をつつがなく聴くだ
                      けで、感動とかそんなものは殆どないのですね。そんなものに「慣れっこ」になっており
                      ましたので、高校生達に接してその一生懸命さにただただ心を奪われました。
                      その中でも鹿児島県立奄美高等学校3名の女子には、参ってしまいました。
                      商品は奄美大島産グァバ使用ジェラート・アイスで試食をしましたが、美味しかったです
                      ね。それに先輩が制作したと言っていましたが、ちゃんとキャラクターもあって、感動つ
                      いでにこのキャラクター3DCGの動画にし、キュービックスクリーン mini でバーチャル
                      販売員の提案を彼女達にさせていただきました。(制作費とmini本体は無償貸与)
                      物凄く喜んでくれて、次の日に担当の先生にもご了解を得て、まずナレーション原稿をい
                      ただいて、声優さんに収録してもらって、3DCG動画の制作を進めていこうと思っています。
                      鹿児島空港で販売をするのか、しているのか忘れましたが、普段はそちらでバーチャル店員
                      になってもらって、11月に東京での発表会でも使っていただけるようです。

                       

                       

                       

                      鹿児島県立奄美高等学校は大賞と来場者賞と一番よい賞を独占しましたし、彼女達の一生懸
                      命さが来場者や審査員に響いた賜物だったと思います。
                      「商業高校フードグランプリ 2016」で商品開発を学んだと思いますが、世には良い商品で
                      あっても販売促進の難しさがつきまといます。
                      その意味でも、弊社が提供するキュービックスクリーン miniでいかに販売していくかを
                      勉強していただければと思います。

                      会場では撮影が制限されていましたので、関係者の方がFacebookにようすを投稿されてい
                      ましたので、リンクをはらさせていただきます。
                       

                      https://www.facebook.com/futaishi

                       

                      彼女達を観ていて、まだまだ一生懸命さが足らないことを学ばさせていただきました。

                      このような機会を提供されている伊藤忠食品様も凄いなぁーと思います。

                       

                      https://www.itochu-shokuhin.com/csr/school.html

                       

                      http://www.tanakaprint.co.jp/


                      Signs & Displays 3月号にサンバマネキンが掲載されました。

                      0

                        3月号の表紙です。


                        アサヒビール様のサンバマネキンが
                        34ページ右下に掲載していただいています。

                        | 1/7PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << September 2019 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM