スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.04.09 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    奄美高校生とのお約束

    0

      ====================================
                   奄美高校生とのお約束
      ====================================
      「商業高校フードグランプリ 2016」で感動したことでお届けしていますが、
      http://tanakaprint.jugem.jp/?eid=241

       


       

      伊藤忠食品様「商業高校フードグランプリ 2016」で大賞と来場者賞と一番よい
      賞を受賞されたお祝いにキュービックスクリーン mini でバーチャル販売員の
      提案を鹿児島県立奄美高等学校の彼女達にさせていただいていたのですが、よう
      やく完成いたしました。キャラクターがアニメタイプなので通常モモで使用して
      いる人型スクリーンでは顔がスクリーンからハミ出してしまうので、以前アオイ
      で試作した人型スクリーンにマッピングできるようにいたしました。
      アオイは幼い顔をしているのですが、非常に胸が大きいのです。それで制服姿の
      女子高校生のキャラを投影しているものですから、妙に艶めかしいところがあっ
      て、これはおじさんたちに強烈にアピールするものではないかと、思っておりま
      す。
       

       

       

      さて、奄美高等学校からお送りいただいたナレーション原稿が素敵なのです。

       

       

      食べて、眠って、恋をして。

      たくさん笑って、たくさん失敗して、たくさん学んだ高校時代。

      私たちはそんな甘酸っぱい想いでのなかにいます。

       

      今だからできること。今しかできないことを、

      私たちは、現役の高校生だからこそ伝えられる新鮮な甘酸っぱさをお届けします。

      青春のあまみを。

       

      大人になっても忘れられない田舎(ふるさと)の味を商品にしたい

      高校生だからこそ伝えられる新鮮な甘酸っぱさをお届けしたい

      そんな想いをアイスにしました。

       

      鹿児島県立奄美高等学校プレゼンツ

      スウィートネスハイスクールグァバアイス、

      いろんなシーンで、美味しく、ヘルシーに楽しめます。

       

      ビタミンCたっぷりのヘルシーアイス

      「スウィートネスハイスクールグァバアイス」をよろしくお願いします。

       

       

      どうでしょうか。私には切なく迫ってくるのですね。

       

       

      担当の先生にこのコピーは誰がつくったのですかとお聞きしましたところ、
      グァバアイスを商品化するに先立って検討された商品コンセプトの内容で、この内容
      に沿って商品のパッケージデザイン、味などを方向付けをされて、コピーは生徒に考
      えさせた内容を地元のデザイナーや本校教員で監修されたようです。
      商品のプロモーションでここまで創り込む姿勢は見習わなければいけないですね。

       

       

      ちゃんとFacebookページもあります。

      https://www.facebook.com/amami.highschool.business/

      「いいね」を押してあげてくださいね。
       

       

      奄美高校学校様の現時点でのPR活動予定は以下の日程です。

      10月20日(金)から21日(土)
      学校の文化祭

      11月3日(木)文化の日 
      東京都千代田区有楽町、かごしま遊楽館
      ※当日は「本格焼酎祭りイン東京」というイベントもやっていますので多くの方々の参加
      が見込まれます。

      11月5日(土)
      奄美市名瀬商店街秋祭り

      12月3日(土)
      鹿児島市、マルヤガーデンズPR活動

      12月4日(日)
      鹿児島県霧島市、鹿児島空港PR活動


      そしてグァバアイスは今月フランスに輸出されるようです。
      それに合わせて、生徒さんが制作CM動画をSNSで拡散してマーケティングを行う準備もさ
      れていて弊社が制作した動画素材も使用していただけるようです。
      プロモーションの中にSNSの利用を最初から考えているところは、学生さん達が普段から
      慣れ親しんだツールを使って発信をするのも、心憎いですね。

       

       

      製造業が自社の商品を売っていくときに、この奄美高等学校商業科の学生さんのように一
      生懸命売る仕組みを考えなくてはいけませんね。
      今回、彼女達が進めるプロモーションのお手伝いをさせていただいて、勉強させていただ
      きました。彼女達の今後がすごく楽しみです。

       

      動画は

      https://youtu.be/9euVPDhxOrA

      https://youtu.be/K7C97FjFiD8

       

       

      http://yuichi@tanakaprint.co.jp


      キュービックスクリーンmini 試作報告

      0

        ====================================
                キュービックスクリーンmini 試作報告
        ====================================

         

         

        ながらくminiシリーズの筐体をどうするかという問題の決着がつきそうです。

         

        プロジェクター、鏡、人型スクリーンの位置決めをしていきます。

         

        塗装前の筐体

        この試作時、前カバーは固定式でした。

         

        高級オーディオを少し意識したデザインになっております。

         


        そもそも加賀電子さんのLEDプロジェクター「KG-PL021X」が生産中止になって、
        後継機種をアドトロンテクノロジーさんの「QUMI Q5」にしようと思っても、こ
        の機種も生産中止になったり、焦点距離が長いという問題もあってクローズアッ
        プレンズを装着する等、なかなかすんなりと行かない状況だったのでした。

         

        デザインを意識し過ぎると、高コストになってしまう。

        ローコストでかっこ良くするのは難しい。

         

        以前の樹脂筐体のノウハウがあったので比較的上手く出来上がった。

         


        等身大バーチャルマネキンの超単焦点プロジェクターをRICOH PJWX4141N改良
        型に移行していく段階で、RICOH新横浜事業所に足蹴く通っているときに、「今
        度新しいLEDハンディープロジェクターを開発しているのだけども」という話に
        なって試作機を見せてもらったときに「単焦点」だし「明るさ」も十分だったこ
        とから「miniシリーズのプロジェクター最有力候補としてテストさせて下さい」
        とお頼みして、ようやくここまで漕ぎ着けたようなしだいであります。

        新仕様 W250☓D250☓H250mm スチール製
        旧仕様 W394☓D250☓H270mm 樹脂製
        プロジェクターが単焦点になったおかげで、横幅が約150mm 削減
        売場を広く使えます。

         

        上手く出来上がったが今度はコスト削減に取り組む。

         


        現状での問題点
        その1、RICOH製LEDハンディープロジェクターは海外では販売しているが、日本
            国内での販売は未定。(購入価格や発売時期が未定となっている。)
        その2、miniシリーズの使用場面での競合機種はデジタルフォトフレームであり、
            おそらく想定価格はおよそ10倍強だと思われるが、費用対効果等の付加
            価値の問題をいかに説得できるか?理論武装ができるか?
        その3、3Dプリンターでスクリーン原型作成費、真空成型費、筐体の設計変更を
            含めたコストダウン化。

        このような問題を抱えておりますが、今までの数10台単位の販売からもっと大きな
        マーケットに販売していくためにはどこでも共通する問題点でもありますので、
        チャレンジしてまいります。

         

         

        現状ではプロジェクターの調整やマイクロSDカードの入替えが簡単に出来るように

        カバーの跳ね上げ式にしていますが、発売段階ではコストの問題から跳ね上げ式は

        やめると思います。

         

        動画は

        https://youtu.be/s2zoEsuvuwo
         

        http://www.tanakaprint.co.jp/


        廃品利用でキュービックスクリーン大型缶体を作りました。

        0

          ====================================
               廃品利用でキュービックスクリーン大型缶体を作りました。
          ====================================

           

          動画はこちらを御覧ください。

          https://youtu.be/K8IWZstdtbw

           


          現在のバーチャルマネキンは超単焦点プロジェクターを使用して、随分コンパク
          トになっておりますが、最初の頃は業務用を除いて普通焦点のプロジェクターし
          かなかったので、プロジェクターを目立つことなく焦点距離を短くするために製
          作したBOXが残っているのですが、これを見るたびに何とか使えないものかと
          いつも思っておりました。
          それとは別に、まだ販売見込みもない試作品も沢山製作しておりまして「売るた
          めの努力」と自分で言うのも何ですが、周りからしてみれば「また変なのを作っ
          ている。」「どうせ売れないのに」を感じながら作り続けていたわけです。
          社長の趣味はいい加減やめましょうとコンサルさんに言われておりましたので、
          どれをとっても想い入れのある試作品なんですね。

           


          ビールのアルミ缶に見立てた半円筒スクリーンも現在仕様のバーチャルマネキン
          にハメ替えて、ある時はバーチャルマネキン、ある時は半円筒スクリーンとして
          使い分けが出来ないかと考えて、試作したものでした。

          また何故こんなことを始めだしたかと申しますと、5月末に伊藤忠食品様130周
          年記念展示会に中小機構ブースで出展させていただいて、7月のインテックス大
          阪で開催される展示会にもお声がけいただいておりますので、食品業界向けに何
          かインパクトのあるものを展示できないかと考えていたわけで、その答えがこれ
          だったわけです。

           

          この画像は後ろ側から見たものです。

           

           

          以前のバーチャルマネキンはBOXにプロジェクターを垂直投影して、45度に設置
          した鏡に反射させて、水平方向の映像にして、縦長の人型マネキンボードに投影
          しておりました。BOXの後からマネキンボードまでの距離も2m近くありましたの
          で、そこそこの設置場所が必要ということで、展示会等では使えても商業施設での
          採用は難しくて、売れなかったのです。
          このようなことを踏まえて、超単焦点プロジェクターを使用した一体型のバーチャ
          ルマネキンに移行していったのです。このタイプでようやく売れ始めましたので、
          今度は立体型スクリーンに差替えて動画を投影できないか?と考え円筒形立体スク
          リーン試作したようなわけですがこれは見事に失敗作でした。
          超短焦点プロジェクターは上方に急角度で映像を投影しているのですが平面に投影
          している時にはフォーカスも合うのですが、円筒形スクリーンになったとたん映像
          が扇型に広がるし、プロジェクターの機能の中に台形補正があるのですが、何をし
          ようがどうしようもなく映像が合わずにこれは無理と判断し、これもお蔵入りとな
          っていたスクリーンなのです。
          立体のキュービックスクリーンで使用するプロジェクターは普通に投影するプロジ
          ェクターでなければダメだということがよくわかった試作スクリーンでした。

           

           

          この商品も売れなくなったBOXと失敗作のスクリーンを組合せてつくったのですが
          映像も想定内の面白さで投影されておりますし、なかなかの出来ではないかと思っ
          ています。もう時期を逸しましたが、ビアガーデンの呼び込み用とかでも使用して
          いただけますし、世の中には円筒形のパーッケージは山程ありますので、それ用の
          販促商材としてご利用が考えられます。

           

           

          もし、これが欲しいということになりましたら、垂直方向投影のできるプロジェク
          ターはRICOH PJ X3351Nを使用すればいいですし、スクリーンは1ミリ厚のアク
          リルにリアプロジェクションシートを貼って両サイドを止めるだけで半円形スクリ
          ーンになりますので、スクリーン成型する必要もなくお安く出来るはずです。
          BOXもバーチャルマネキンEZRのように円形パイプで足を製作すればスタイリッシ
          ュにシンプルに出来上がると想定しています。今はむやみに試作をすることを控え
          ておりまして、売れる目処のたったものしか試作はしておりません。
          これは廃材的なものの組合せですから、周りの冷たい目もかわすことができるので
          はないでしょうか。

           

           

          http://www.tanakaprint.co.jp/
           


          キュービックスクリーンが商標登録されました。

          0
            2014年3月にキュービックスクリーン/Cubicscreenの商標登録を
            出願しておりましたが、ようやく商標登録の査定が始まることにに
            なりました。


            当初、キュービックとスクリーンというあまりにも一般的な名称の組合せなので
            無理ではないかということでしたが、何とかなりました。

            キュービックスクリーン/Cubicscreenといえば田中印刷所と言われるようなブランド
            に育てていければと思っています。

            弊社には他にもう1つ登録商標がございます。




            ご存知、T-Chara AR でお馴染みですね。

            キャラクタービジネスが軌道に乗ってくれば、この商標が生きてくるのですが。
            どちらもブランド構築をしていかなくてはいけませんね。

            http://tanakaprint.co.jp

            キュービックスクリーンmini ハート型を汎用型にしました。

            0
              キュービックスクリーンmini ハート型を定番スクリーンにして、真空成型時の型代負担を
              軽減することによって、平面スクリーンなみにお求めしていただきやすい価格設定いたし
              ました。
              ハート型の立体スクリーンですので、結婚式場、ブライダル関係の売場やValentine's Day
              関連の売場にもご利用していただきやすいのではないかと思っています。


              Valentine's Day はまだ先のはなしですが、イメージコンテンツを制作いたしました。
              ハートの飛び出している部分だけをリアプロジェクションマッピングすることによって
              立体スクリーンの3D効果を演出しています。


              立体に投影する映像も、位置を考えて設定すれば違和感も少なくなります。


              モモからのプレゼントをどうぞ。


              ハルコからのプレゼントもありますよ。


              アオイです。


              モモです。


              ハルコです。


              可愛いキャラクターを観ていると、気持ちが和みますね。


              キュービックスクリーンminiの現物は下記展示会でご覧いただけます。

              http://bfair.jp/2014/

              名称 信金発!地域発見フェア〜全国のイチオシ企業と物産が東京ドームに大集結〜
              日時 2014年11月12日(水)・13日(木)10:00〜17:00(13日は16:00まで)
              会場 東京ドーム ブースNo. G 025
              目的 全国の信用金庫イチオシ企業が一堂に集結し、販路拡大、 企業間連携、情報
              交換や各地域の物産展示・販売などのビジネスチャンスの場 を提供することを目的
              としています。
              主催 信金発!地域発見フェア実行委員会

              動画は
              Cubic Screen Mini ハートタイプ Happy Valentine's 正面

              Cubic Screen Mini ハートタイプ Happy Valentine's 斜め 



               

              | 1/1PAGES |

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << May 2018 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM