Hush reel winter 2009

0
    YouTubeないでShow Reelという語句で検索していると
    動画制作会社の作品集に出くわす。
    Hushは米国の制作会社なんだろうが、良い作品集だ。
    一流どころのクライアントからCMの制作を請け負っている。

    前にとんでもない領域に足を踏み入れたというのはこのことなんだが
    3DCGをやっていくと究極はこのレベルまで突き進んで行くことになる。
    可能性は無限に広がっているが、不安もあり、武者震いもありと言うところだ。





    Autodesk Show Reels 2008

    0
      エンターテイメントって、いかに人を感動させるかがポイントだ。
      実写、3Dといったこだわりではなく、クリエイターが
      このようなモノを創くりたいという欲求が、人に感動をあたえ
      クライアントの販売促進に貢献する。
      今までの経験則が生きるようで、生きないし、
      難しい領域に足を踏み込んでしまったようだ。

      編集も2007年度に比べると差が出ている。





      Autodesk Show Reels 2007

      0



        Autodesk Show Reels 2006

        0
          Autodesk Show Reels にはソフトの違いによって何種類かあるようだ。
          CAD系とデザインビジュアライゼェーション系とは見せ方が違う。
          見るならデザインビジュアライゼェーション系がおもしろいと思う。





          Autodesk Show Reels 2005

          0
            少し前に Autodesk社 のセミナーに行った事を書いた。
            その時のお土産が2008 Shou Reels というプロモーションDVDだったのだが
            以前の Shou Reels を見てみたくて
            YouTube で検索したら2005年度版くらいからあったので
            古いものから紹介していきたいと思う。

            2005年度版を見ても古くさくなくて、実写と3DCGの組み合わせの変遷がつづく。
            一年ごとにコンピューターの処理速度は上がり、3DCGソフトの使いやすさは
            バージョンアップとともに向上し、フラグインソフトも進化して行っている。

            クリエイターのこんなモノを作りたいという欲求は以前からかわらないはずだし
            現在と同じような品質を求めるならば、気の遠くなる作業を続けていたはずだ。

            Shou Reels をパソコンの翻訳で調べても Wikipedia で調べても出てこなかった。
            良くわからないが、作品集という意味が一番良いように思う。

            田中印刷所の3D動画の制作本数も増えてきた。
            お客様の了解を得ることが出来れば Shou Reels を制作したい。
            これは会社の力量を問われるので、無謀なチャレンジかもしれないが
            是非とも制作したいものだ。




            | 1/1PAGES |

            PR

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM