今年も行って来ました奄美高校

0

    ====================================
              今年も行って来ました奄美高校
    ====================================
    7月5日(木)6日(金)の2日間、鹿児島県立奄美高校に3DCGキャラクターの
    制作に関する授業のために行ってまいりました。
    弊社と奄美高校のつながりは下記のブログをお読みいただければと思います。

     

    「商業高校フードグランプリ 2016」で感動したこと
    http://tanakaprint.jugem.jp/?eid=241

     

    奄美高校生とのお約束

    http://tanakaprint.jugem.jp/?eid=243

     

    去年はメルマガには掲載していなかったのですが、ほぼ同日程で授業もしていて、
    今回が2回目の授業になりました。

    昨年の様子
    3D広告製作プロジェクト

    http://amami.edu.pref.kagoshima.jp/article/2017070800025/

     

    昨年は交通機関の運行状況など気にもしていなかったのですが、日本各地の大雨で
    大阪伊丹空港まで行けるかということと、行っても奄美空港まで飛行機が飛んでく
    れるかが、まず問題でありました。前日の大阪伊丹発奄美大島行きは奄美上空を旋
    回して、大阪に引き返しましたし、6日のJR琵琶湖線は運行停止だったことから、
    5日を逃しては行けなかったという状況でありました。

     


     

     

    奄美高校の授業は5・6時間目の情報処理科2・3年生の授業から始まりました。
    まず驚いたことに、最新のコンピューターを50台程度導入したパソコン教室が
    出来ていたことです。全てのパソコンにAutodesk社 3D モデリング、アニメーシ
    ョン、レンダリング ソフトウェアの3ds Max 2019 やADOBE CREATIVE CLOUD
    関係のソフトが導入されており、昨年は弊社が持ち込んだPCのみの授業だったの
    ですが、すごく進化していて、ビックリでありました。前に座っている先生のPC
    では、生徒が使用している画面を全て見られるようになっておりましたし、これ
    ではサボっていたら、すぐ分かってしまう生徒にとっては恐ろしいツールなので
    すが、画面が何にも動いてない生徒はついてこれてないということがすぐわかり
    ますし、補助をしやすくするという風に考えた方が、ここは良いですね。

     


     

     

    進め方として、3ds Maxで奄美高校のキャラクター「結い」ちゃんのモデリング
    画像でこんなことを展開していけるというようなことを解説して3DCG制作にも
    っと興味を持ってもらえるような事からはじめました。あらかじめダンスの動き
    を設定したボーンにキャラクター「結い」ちゃんのモデリングを移植して「結い」
    ちゃんがダンスをはじめるのですが、高校生はダンスに対しての興味がすごくあ
    るので、もし自分が制作したキャラクターのモデリングを完成させれば、こんな
    ことができるんだということが実感できたようで、つまらなさそうな生徒もなく
    授業ができました。

     

     

     

    昨年2年生で授業を受けていてくれた生徒も何名か入っており、結構サクサクと
    進める生徒もいて、またその比較的できる生徒がうまく進められない生徒に指導
    していたりで、生徒間のコミュニケーションも取れており、実技演習などは一歩
    つまずくとなかなかついてこれないものですが、仲間でフォローし合う体制もで
    きていてよかったと思っています。

     

     

     

    今年の様子
    CGソフトウェア講座

    http://amami.edu.pref.kagoshima.jp/article/2018070600165/

     

    私たちは奄美高校と「商業高校フードグランプリ」を通してつながりました。商
    品開発をすることで継続的に流通・販売可能な商品の条件や課題を学んでいます。

    それで、今は「奄美高校レストラン」に関わっています。昨年は下記のブログの
    ようなかたちで開催されたのですが、

    明日、奄高レストラン THE NEXT 100 YEARS 1日限定OPEN!

    http://amami.edu.pref.kagoshima.jp/article/2017051500296/

     

    奄高レストラン 家政科もがんばりました!!

    http://amami.edu.pref.kagoshima.jp/article/2017051600118/

     

    今年は7月23日(月)にプレオープン(練習会)24日(火)に本番で「第2回奄
    美高校レストラン」が開催されるのですが、お客様のおもてなしにバーチャルマ
    ネキンの「結ちゃん」が入口でお出迎えをするために、機械電気科の生徒が筐体
    を製作し、情報処理科・商業科の生徒が3DCGでキャラクター映像を制作する。
    そして料理は家政科の生徒が創るもので全校をあげての体験学習なのです。奄美
    市の観光課をはじめ地域の方々の協力と鹿児島県出身でフランス料理レストラン
     ル・クロ オーナーシェフの黒岩 功さんの協力もあって、奄美の食材を使った
    フランス料理を提供される素敵な活動です。

     

     

    「商業高校フードグランプリ」のような商品開発があったり「奄美高校レストラ
    ン」があったりと地方をよくしていく活動で、地場産業が活性化され、地元に就
    職できる機会が多くなればと願うものです。奄美高校生の活躍が地方創生のヒン
    トです。地元のデザイン会社さんも含めて、いろんなプロ達が応援したくなるも
    のが「奄美高校」にはあります。
    来年はもっと違うプロ達が様々な活動を応援して、高校生のレベルを超えた活動
    拠点となっていっていけばいいなと思っています。みなさんやってみませんか?

     

     

    驚き、その2
    奄美大島では「近大マグロ」が食べられるのです。近畿大学水産研究所では奄美
    実験場でクロマグロの養殖をしている関係なのでしょうか、レストランで食べる
    ことができます。大変美味しゅうございました。絶品です。

    驚き、その3
    奄美大島の特産品として、黒糖焼酎があります。
    その中で町田酒造という田中一村の絵をラベルにつかった焼酎で有名ですが、蔵
    見学ができます。

    SATOAKE Spirits ショップ

    https://youtu.be/JCqN-vRA1Yc

     

    YouTubeの映像に映っている女性に案内してもらったのですが、案内が「アニメ
    声」だったので、見学が楽しくてしょうがなかったのであります。工場見学で最
    近バーチャルマネキンを採用していただくことが増えましたが、エンターテイメ
    ント的にはこの方にはかなわないですね。
    アルバイトでキャラクター達の声を収録していただけませんでしょうか。

     

    南海日日新聞 2018年7月7日号 に掲載されました。

     

    奄美高校の活動

     


    今年もチャレンジショップが始まりました。

    http://amami.edu.pref.kagoshima.jp/article/2018061300050/

     

    知的財産教育講演会「可能性への挑戦」

    http://amami.edu.pref.kagoshima.jp/article/2018052400196/

     

    「ル・クロ グループ」オーナーシェフ 黒岩 功氏を招聘し,学科連携の取組実施

    http://amami.edu.pref.kagoshima.jp/article/2017022400143/

     

    商業高校フードグランプリ2016「大賞」プレゼント授業

    http://amami.edu.pref.kagoshima.jp/article/2017031700074/

     

    最後まで、お読み下さいましてありがとうございました。
     

    https://www.tanakaprint.co.jp/

     

     

     

     

     

     


    Virtual Mannequin EZRとCubic Screen miniの3DCG取説を制作しました。

    0

      ====================================

       Virtual Mannequin EZRとCubic Screen miniの3DCG取説を制作しました。

      ====================================

      田中印刷所の得意分野に「3DCGで取扱説明動画を制作する」があります。

      Virtual Mannequin EZRとCubic Screen miniが目立ってしまってますが、弊社

      でも3DCGができますよ。というPRの為にバーチャルマネキンのキャラクターを

      3DCGで制作していった経緯があります。3DCG動画の中で難しいのは、人物とい

      うことでしたし、人物が制作できれば他は何でもできますので3DCG動画を制作さ

      せて下さい。がスタートでありました。一番最初に制作した作品は

       

      HIKONE CASTLE 3D 彦根城3D 2008年制作

      https://youtu.be/RpHLJRLVVMk

      でした。彦根市とかで利用してもらえるかなと思ってたりしていたのですが、ど

      こにも採用されず、お蔵入りとなってしまいました。

       

      10年も前の話ですが、ここが原点でやり続けてきたのですが、今回バーチャルマ

      ネキン機器をより理解していただく為に3本の3DCG動画を制作させていただきま

      した。

       

      Cubic Screen mini 取扱説明CG動画

      https://youtu.be/0zBYsV3uhSo

       

       

       

      Virtual Mannequin EZR 取出し収納CG動画

      https://youtu.be/Au_jltly5VI

       

       

       

      Virtual Mannequin EZR 組立説明CG動画

      https://youtu.be/-j-VH5c0quE

       

       

      ビデオ撮影して取扱説明動画とも思ったのですが、やっぱり「自社の強みを生かし

      て、お客様に改めてこのようなこともできます。」ということをアピールするツール

      と、バーチャルマネキンの販促ツールとしの両面を考えています。バーチャルマネ

      キン導入に向けて検討中の方や、ご購入や展示会レンタルされたお客様は事前に観

      て、理解して正しい方法でお使いいだだきますよう、よろしくお願いします。

       

      http://www.tanakaprint.co.jp/

       

       

       

       

       

       

       

       


      テレビ放送「滋賀創生ゼミナール」バーチャルマネキン出演記録

      0

        バーチャルマネキンの可能性を見つけることと、まだまだ低い認知度を上げるた
        めに番組アシスタントとして出演して約3ヶ月経ちました。一月ことに衣装や内容
        を変化させてきましたのでバーチャルマネキン部分だけをダイジェストにしており
        ますので参考にしていただければ幸いです。

        動画はこちらからご覧ください。

         

        滋賀創生ゼミナール10月出演エリー01

        https://youtu.be/mzfGUr5jn0c

         

        滋賀創生ゼミナール10月出演エリー02

        https://youtu.be/yZiaaAbPVFg

         

        滋賀創生ゼミナール11月出演アオイ01  

        https://youtu.be/k6BT9Zx33tA

         

        滋賀創生ゼミナール11月アオイ02 

        https://youtu.be/5R7SUpNQ4UU

         

        滋賀創生ゼミナール12月出演エリー01サンタバージョン 

        https://youtu.be/Yl5NxbDtKyI

         

        滋賀創生ゼミナール12月出演エリー02サンタバージョン 

        https://youtu.be/A8EUBJDqBhQ

         

         

        10月7日(金)から週1回の放映でスタートしたのですが、最初は制服姿で手話を
        しながらの登場でした。当初は人型にしたアクリルボードのなかで手話の動きを表
        現できるとおもっていたのですが、腕の可動範囲を目一杯使って表現するために、
        人型ボードも可動範囲をふまえて、大きな四角のスクリーンボードに変更しました。
        バーチャルマネキンは人型のスクリーンに映像をマッピングするために立ち止まり
        率が高いのですが、この場面では立ち止まる必要はなくて、手話で正確に伝える事
        に重点をおきました。
         

         

        11月分は目先を変えるために、イベントコンパニオンバージョンの「アオイ」が
        登場しました。この時は手話の表現はなくて、その代わり関西弁で話しております。
        インバウンド対策として採用していただくために多言語で説明できるということを
        理解していただければという思いでした。

         

         

         

        12月はまた「エリー」に戻って、クリスマスシーズンを表現するためにサンタの
        コスプレ衣装にして、手話で説明するバージョンにしております。
         

         

         

        1月は振袖にて、新年のご挨拶をする予定です。

         

        有限会社 田中印刷所

        http://www.tanakaprint.co.jp/


        広告代理店としてはじめてのお仕事はアイドル達が登場するCM制作でした。

        0

           

          ====================================
           広告代理店としてはじめてのお仕事はアイドル達が登場するCM制作でした。

             しがのちゅうしんに何があるの?TVCM 30秒

          https://www.facebook.com/shiganani/?hc_ref=SEARCH&fref=nf
          ====================================


          以前にもご紹介しましたが滋賀県には独立テレビ放送局の「びわ湖放送」がござ
          います。弊社は「びわ湖放送」様と広告代理店契約を締結し、滋賀中央信用金庫
          様に情報ビワイチ「元気 滋賀創生ゼミナール」という番組の冠スポンサーになっ
          ていただくことでCM制作させていただきました。滋賀中央信用金庫様は積極的に
          地域創生事業を展開されてますし、「滋賀創生」がキーワードでありますこの番
          組のスポンサーになっていただくことは地域の皆様や滋賀中央信用金庫で働く職
          員にも明確な意思表示を示すツールとしてのCMを提案させていただいた結果です。
          その初回放映日が12月9日(金)21時30分からで、ようやくいろんなことが告知
          解禁となりました。

           

           

           

          弊社は印刷業からの業態変革として提案のできる「広告代理店」を目指しており
          ますが、このお仕事で具体的なかたちで良いスタートがきれたと思っています。
          せっかくのお仕事をさせていただくなかで一番気をつけたことは「波紋を呼ぶCM」
          をどう制作するかでした。せっかく費用をかけて、話題にもならないCMはクライ
          アントにとっても制作側にも不幸です。それで「しがちゅうしんブランドコミュ
          ニケーション戦略」を作成しVISUAL IDENTITTYのなかで しがちゅうしんの積極
          姿勢を打ち出すイメージとしてシンボルマークの立体視化やブランドの視覚化・記
          号化を考えCMの中に織り込んでいきました。

           


           

          YouTubeでCMをご覧にいただいた方はおわかりだと思いますが、アイドルを登場
          させています。ここでCM企画のポイントは
          • アイドルCMの好感度の高さは、同量出稿に対して地域社会や顧客に、企業イメ
          ージを効果的に残すことができる。
          • 美しい映像・音楽・アイドルによって好感度は高くなること。
          • 地域のコ ミュニケーション潮流はネットを巻き込むストーリー型コミュニケーシ
           ョンにあります。 音楽のシェアからコスト削減を図れること。
          • 地域同士をつなぐことで、複合させる効果がうまれること。
          • バーチャル・リアティという関係が社会の中に、新たな概念を作り始めています
          のでリアルの店頭とバーチャルマネキンとの接点に可能性を見いだすこと。でした。
          つまり、残像効果と残音効果をアイドル達で最大限に引出そうとしております。
           

           

           

          テレビCMを観た女子中学生、高校生の会話の中に「しがちゅうしんのダンス観た?
          」「一緒に踊ってみない」という声が出てくれば波紋が起きているのかと思います。
          顧客層は年金受給者なのにアイドルっておかしくない?という声も聞こえてきそう
          ですが、若い世代の人達にすり込まれたイメージは自然と利用していく金融機関と
          なるでしょうし、「おじいちゃん達の金融機関てこのCMのところでしょ?」という
          ような会話も出てくることがあれば、相乗効果が生まれる可能性が出てきます。

           

           

           

          「しがちゅうしんブランドコミュニケーション戦略」企画の承認後、制作期間はほ
          ぼ一ヶ月。こんなことが弊社ですべてできるのかといえば「No」です。
          最初から東京で活躍されているクリエイティブディレクター、CM・音楽・映像プロ
          デューサーに入っていただき、コンセプトメイク、オリジナル曲の作詞作曲、演奏、
          振付、イラスト等をお任せしています。立場的には営業といろんな調整役で終始しま
          したが、いい勉強をさせていただきました。
           

           

          アイドルユニット名は「Be-wa」本当は地元出身で構成したかったのですが時間的
          な制約の中で、CMプロデューサーのツテで大阪・神戸出身者に決まりました。

           

          これから行うことはフルサイズバージョンのプロモーションビデオの制作、ダンス
          の教習ビデオの制作及びDVD化をしてまいります。

           

           

          ここ何ヶ月はもの凄く大変な日々が続いて、ストレスで激太りしてしまいましたが
          やっていてすごく楽しかったですね。クリエイティブという名のお仕事を担当させ
          ていただいておりますが、この仕事って「人を如何に感動させられるか」の積み重
          ねなのですね。そのためには自分も楽しまなければいけないし、好きでないと続け
          られないなぁーと思いました。

           

           

          このCMが滋賀中央信用金庫様の
           「顧客のブランドイメージを刷新する」
           「職員のモチベーションを喚起する」

          第一歩になっていくツールとして、展開して行ければと思います。

           

          FaceBook ページ

          https://www.facebook.com/shiganocyushinninanigaaruno/?notif_t=page_invite_accepted&notif_id=1481328518528793

           

          田中印刷所

          http://www.tanakaprint.co.jp/

           

           

           


          全身投影型バーチャルマネキンのコンパクト化に目処がたちました。

          0
            ====================================
            決め手は超短焦点プロジェクター2台使いと、メディアプレーヤー2台の同期
            ====================================

            動画映像は
            https://youtu.be/M2p3gW0787I








            以前からバーチャルマネキン全身投影タイプはあったのですが、人型リアプロジ
            ェクションボードとプロジェクターBOXの距離が3メートル程離れていて、皆様の
            評価は「この距離が問題ね」ということで今まで展示会で何回か採用いただいた
            きりで、ご購入はゼロでございました。



            こけても、タダでは起き上がらないのが田中印刷所でして、超短焦点プロジェク
            ターとメディアプレーヤーの新製品が出るたびに、チェックはしていたのですが
            時代の流れと申しますか、使えそうな機種があったのですね。
            それで、さっそく製品のテストをしてみました。



            クリアなアクリル板にリアプロジェクションシートを貼ったタイプなので
            リア側に投影面が出来て、リア側のほうが映像が綺麗に見えてしまう。



            エプソンのEB-580 XGA 3200LMはNECのNP-UM361XJL XGA 3600LMより
            少し小型です。400ルーメンの差がどれくらいなのかテストする必要があります。
            下部をエプソンのEB-580 XGA 3200LM、
            上部をNECのNP-UM361XJL XGA 3600LMにするという手もあるのですが、色が
            合うかもテストしたい点ですね。



            従来のバーチャルマネキンは上半身だけの映像投影で、下半身はインクジェット
            プリント出力で動きのないものでした。和装着物のように上下が同じものとして
            見えないと、面白くないことや、商品価値が低くなるものもあったのですね。
            京都の観光案内所でやっぱし舞妓さんのバーチャルマネキンだったら、着物が綺麗
            に見えてほしいと、制作者側からみてもそう思うわけでしたから、採用されなかっ
            たと思っております。







            自分自身の問題点として、解決できてなかった点の1つにバーチャルマネキンの上下
            分割映像の同期がありました。パソコンのマルチ2画面表示で解決できるかな?とか
            思っておりましたが、展示会等だと操作する人がそれなりのスキルをもった方にして
            いただけるのですが、コンパクトにして商業施設に導入していただこうとすると、操
            作はシンプル簡単でないといけませんので、だれでも操作できるようにするというの
            が、前提で出来ればタイマー管理で何もしないというのが、理想です。



            上下のプロジェクター映像の明るさの差がわかります。



            ある時、お客さまとお話をしていた時に、同期のことがあったのですが、BrightSign
            HD2シリーズを使えばできるよってお教えいただきまして、今まで使っていたのに、
            こんな使い方があることを知らなかっただけなのでした。私の中ではただただ高いと
            いうイメージでしかなかったもので、それでグリーンハウス製のメディアプレーヤー
            を使用しておったしだいです。


            2台のメディアプレーヤーをイーサーケーブルで接続して同期させます。

            http://www.jmgs.jp/products/media_player/BrightSignHD2series.html

            テスト後の問題点
            超短焦点プロジェクターは急角度で映像を投影するので、プロジェクターから近いとこ
            ろは明るく、遠いところは暗くなってくるのです。バーチャルマネキンのお腹部分が明
            るくて、顔の部分が暗くなる現象なのですが、上下2台ですと暗くなる部分と、明るく
            なる部分が隣り合わせになって、上下の境目が目立ってしまうことです。
            超短焦点プロジェクターを使用するかぎりこの問題はつきまとうのですが、コンテンツ
            側とスクリーン側で何かしら解決方法はあるのではと、考えております。
            もし、メルマガ読者の方々で何かしらのアドバイスをいただけますと幸いです。



            今回の使用器具
            プロジェクター EB-580 XGA 3200LM 2台
            ジャパンマテリアル デジタルサイネージプレーヤー BrightSign HD 2台

            プロジェクターはNEC NP-UM361XJL XGA 3600LM に変更する可能性あり。


            残念ながら9月3日からの
            「しがちゅうしんビジネスマッチングフェア商売繁盛創設所2015」には出品できませんが
            下記の通り出展いたしますので、よろしければお越しください。

            http://shigachushin-shoubayhanjyou.jp/

            開催日 平成27年9月3日(木)4日(金)
            開催時間 午前10時から午後5時まで(最終日は午後4時まで)
            開催場所 彦根ビューホテル 電話0749-26-1111
            滋賀県彦根市松原町網代口1435-91

            「ブースNo.37」

            http://www.tanakaprint.co.jp/

            最後まで、お読み下さいましてありがとうございました。

             

            「ざ・バルブマン」を3Dプリンターで出力してみた。

            0
              株式会社昭和バルブ製作所様のキャラクター「ざ・バルブマン」を
              3Dプリンターを使って出力してみた。



              大きさは 高さ60ミリ 幅40ミリ 程度の大きさです。



              頭のハンドルとか、後のスパナなども上手く出来ている。



              アクリル(Ultra Mode) ブルー を使用。



              実はハンドルをさわっていて、ポキっと折れてしまい、ボンドで接着。
              データで補強したほうが良さそう。



              これからABS樹脂成型で量産を考える。
              金型費用を考えると、ターゲットプライスまで何個造らなければいけないのか?



              これは展示会で使用するノベルティとして製作する予定なのですが、これがガチャ
              ポンから出てきたら、うれしいだろうなぁーと思うのは、オタク度がかなり進行し
              ている証なのでしょうか。


              http://www.tanakaprint.co.jp/

              バーチャルマネキンEZとminiのうれしい関係

              0
                滋賀中央信用金庫様にはバーチャルマネキンEZをご導入いただいておりますが
                等身大のバーチャルマネキンEZを広さの関係で設置できない店舗用にminiを試
                験的に導入して頂いております。





                映像でもお分かりになると思いますが、投影しているコンテンツは上半身のみ
                ですので EZ でも mini でも同じなのです。プロジェクターの違いはあります
                ので動画形式や位置の変更はありますが、基本的な映像コンテンツは共通です
                ので、EZ用・mini用に新たに制作する必要はなくなりコストを抑えることがで
                きます。投影機機の台数が増えることでコンテンツの1台あたりの費用は分母が
                大きくなりますので、削減できる計算になります。





                バーチャルマネキンmini は小さくても、足止め効果はあります。
                お母さんと一緒に来たちびっこ達の人気者になっているようです。

                http://www.tanakaprint.co.jp/
                 

                バーチャルマネキンンminiをお安く販売します。

                0
                  バーチャルマネキンンminiの新製品がまもなく登場しますので、旧タイプになり
                  ます展示品やデモで使用していた製品ですが、処分価格で販売致します。



                  ====================================
                  価格面で導入を見送っておられたお客様にお知らせです。
                  ====================================
                  バーチャルマネキンンminiシリーズに使用しておりました加賀電子製プロジェク
                  ター(KG-PL021X)の生産中止にともないまして、次期プロジェクターの選定
                  及び試作機によるテストも終了し、次回からのご注文からは新タイプでの販売に
                  移行させていただきます。
                  加賀電子製プロジェクター(KG-PL021X)の明るさは300ルーメンでしたが、
                  次期プロジェクターは800ルーメンになります。数値上は約3倍弱の明るさですが
                  画角の違いや焦点距離の問題によって見え方としましてはそんなに明るいという
                  ほどではございません。そして筐体も幅が1センチ狭くなり、高さが2.5センチ高
                  くなります。今後の販売価格ですがプロジェクターの価格上昇分はどうしても避
                  けられない状況です。



                  それで、今回弊社で使用しておりました中古品になりますが処分価格で販売させて
                  いただきます。
                  使用しております加賀電子製プロジェクター(KG-PL021X)はLEDランプを仕様
                  しておりますのでランプの寿命は3万時間ですから、弊社が500時間使用しており
                  ましても、まだまだ使用していただける商品です。
                  http://www.taxan-projector.jp/support/led/index.html

                  そこで、注目の処分価格ですが、178,000円(税別)プラダンケース付です。
                  この機会にプレゼン用、自社のPR用、受付案内用等にいかがでしょうか。



                  製品仕様
                  製品名 バーチャルマネキンmini 
                  プロジェクター 加賀電子製 KG-PL021X
                  スピーカー キューブスピーカー 2W☓2W
                  USBハブ スピーカー電源供給、動画メディア入力
                  USBメモリー 動画メディア入力
                  反射鏡
                  リアプロジェクションボード 平面タイプ 高さ227☓幅100ミリ モモタイプ
                  消費電力 105W
                  重量 4キログラム
                  外形寸法 幅394☓高さ270☓奥行250ミリ
                  搬送用 プラダンケース付
                  販売予定台数 5台(白3台・黒2台)


                  左が黒タイプ 右が白タイプ


                  黒タイプ


                  搬送用グレーのプラダン箱が付きます。

                  お断わり
                  バーチャルマネキンンminiにお付けします動画は弊社のキャンペーン用モモタイプの
                  動画です。お客様オリジナルのリアプロジェクションボード(平面・立体タイプ)、
                  ナレーションは別途費用が必要です。
                  付属のモモタイプ平面ボードを使用し、ナレーションだけを入替える費用は150,000円
                  です。立体スクリーンの場合はご相談下さい。

                  動画でもご覧ください。
                  https://youtu.be/qDpjuY-k-z4

                  最後まで、お読み下さいましてありがとうございました。
                  http://www.tanakaprint.co.jp/
                   

                  浴衣姿のモモちゃん登場

                  0
                    滋賀中央信用金庫 彦根営業部と近江八幡本店に導入いただいており
                    ます、2台のバーチャルマネキンEZの衣装が制服から浴衣に7月1日(水)
                    から変わりました。



                    この浴衣は彦根市のイベント「ひこね夏まつり 彦根ばやし&ゆかたフェス」
                    で着用されています。



                    以前から浴衣や着物バージョンのバーチャルマネキンを制作したかっ
                    たのですが、いろんな障害があってかなわなかったのですが、オーダ
                    ーがあったので何とか完成できたようなしだいです。





                    人型アクリルボードは制服バージョンの仕様でレーザーカットしているので
                    袖が入らない問題がありました。下部のインクジェット出力している
                    部分はスカートから浴衣のに変更したボードをハメ替えているのですが
                    袖の部分は腕を上下すると動くのでインクジェット部分に袖を出力する
                    と違和感が出てきたりして、調整をしています。



                    上の写真が制作したモモの浴衣バージョンです。
                    一番良いのは、上部のアクリルスクリーンも浴衣に合わせて変えれば良いのですが
                    リアスクリーンボードの価格とレーザーカット費用が高額なので、おいそれとは
                    変更できないのが現状です。





                    地域の情報はマネキンを登場さすのではなく、写真をフル画面化して
                    変化を持たせています。



                    制服バージョンの時にはプロジェクターで投影している部分と
                    インクジェット出力している部分の見え方が、そんなに違和感が
                    無かったのですが、浴衣が白地なので光のあたっているスクリーン
                    部分と光があたっていないインクジェット出力部分の違いがよくわ
                    かってしまいました。

                    これの対策方法として、上下2段に超短焦点プロジェクターを仕込
                    んで上下映像をメディアプレーヤーで同期させる全身投影タイプの
                    バーチャルマネキンの目処は付いておりますので、もし価格に糸目
                    をつけないから製作しろという太っ腹なお客様がいらっしゃっいま
                    したら、お声がけ下さいませ。

                    動画でもご覧ください。
                    https://youtu.be/NeQhxyLD3Wg


                    http://www.tanakaprint.co.jp/


                     

                    金融機関のコンシェルジェとしてバーチャルマネキンが採用されました。

                    0


                      滋賀中央信用金庫様の、近江八幡本店と彦根営業部にバーチャルマネキンEZ
                      を導入していただきました。



                      理事長のお考えでは、信用金庫自体のPRは少なめにして、観光案内や滋賀県警
                      のお知らせのような地域の情報発信を進めていきたいとのことでした。



                      コミュニティバンクの発進メディア基地として、地域社会に貢献するために
                      バーチャルマネキンがお役にたってくれるはずと期待をしています。







                      そんなわけで、滋賀県警のキャラクターの「けいたくん」もオープニングに
                      参加してくれました。地元テレビ局のびわ湖放送さんも取材いただき、夕方
                      のニュースに放映していただきました。



                      ただ今、滋賀中央信用金庫様用バーチャルマネキンの愛称を店頭で募集されてます。
                      これから、夏用に浴衣バージョンを制作していきます。

                      このバージョンからプロジェクターのスペックが変更になりました。
                      NEC製 NP-UM361XJL 明るさが3,300ルーメンから3,600ルーメンになって、
                      少し明るくなりました。
                      近々、双方向性対応のために動画出力装置はメディアプレーヤーからノートパソコン
                      に変更しています。






                      上記2枚は彦根営業部

                      これから、夏用に浴衣バージョンを制作していきます。

                      http://www.tanakaprint.co.jp/

                      | 1/8PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM